自動売買について学び、日経225先物のシステムトレードで
運用する個人投資家の為のサイト

225Labo

自動売買を学ぶ自動売買を学ぶ

通信環境について

パソコンや通信などの取引環境


 自動売買をおこなうには、常にインターネットに繋がっている必要があります。


無線LANは通信が途切れる恐れもあるため、LANケーブルによる有線接続がお勧めです。

回線の種類は光やCATV・ADSLなどのブロードバンド回線を使用するようにしてください。
ISDNなどの低速回線やデータ通信カードなどは不安定なためお勧めしません。

YahooのADSLで、過去に接続が途切れる事例が報告されていますので注意が必要です。
ネット証券会社のトレードツールを朝立ち上げておき、夜までの間にエラーメッセージが出る場合は通信環境に問題があると思われます。