自動売買について学び、日経225先物のシステムトレードで
運用する個人投資家の為のサイト

225Labo

自動売買を学ぶ自動売買を学ぶ

自動売買の種類

自動売買の基本


元々はアルゴリズムトレードなどと言われ機関投資家などが行なう手法が中心でしたが、最近では個人投資家の行うトレード手法の一つとして認知度が高まっています。
個人投資家が行なう自動売買は主に以下の様に分けられますが、それぞれに特徴が異なります。

 

◆カブドットコム証券に代表される自動売買注文
証券会社に対し「○○の条件を満たしたら注文」といった条件付注文を手動で行なう方法
あくまでも注文方法の1つとして使用するものであり、ロスカットのための逆指値注文などを行なうことが主
執行は自動だか注文は手動のため、リスクを限定するために逆指値注文などを利用することが一般的

 

◆トレイダーズ証券の「トレードスタジアム」など証券会社のツールを利用した自動売買
各証券会社が自動売買可能なトレードツール(有料)を提供し、利用者が売買プログラムを自分で組み立て取引を行なう方法
専用のプログラム言語を使用するために、少なからずプログラムに知識が必要
第3者が開発した組み込み用トレードルールプログラムも販売されている(内容は非公開が多い)
その証券会社にしか注文が出来ないために複数での運用は基本的に出来ない

 

◆225Labo等の独立系自動売買ソフト(以下225laboのロボットについて)
ソフトを購入またはレンタルで使用し、自身のパソコン環境で自動売買を行なう方法
複数の証券会社に対応しているため、手数料などを考慮し注文先を選択できる
売買ルールはエクセルで作るためプログラムの知識は不要
証券会社の注文形態に変更があった場合はそれに合わせてアップデートが必要