自動売買について学び、日経225先物のシステムトレードで
運用する個人投資家の為のサイト

225Labo

自動売買を学ぶ自動売買を学ぶ

日経225先物を取引するメリット

システムトレードを理解する


225Laboでは、株式指数先物の自動売買ロボットを中心にさまざまなサービスを提供しています。
株式指数先物の中でも日経225先物はシステムトレードに適した銘柄として現在多くのトレーダーが取引に参加しています。

◆日経225先物取引とは
日経225先物取引とは日経平均を対象とする取引です。
日経平均とは、東証1部に上場している銘柄の中から日本経済新聞社が選定した225銘柄を株価平均型方式によって算出した指数で、民間が作成しているものでありながら日本政府の経済統計に採用されている日本を代表する経済指標です。

日経225先物は日経平均に常に連動して動きますので、日経平均が上がるか下がるかを判断して売買を行なうシンプルな取引です。

日経225先物取引には様々なメリットがあります。

◆銘柄の選択が不要
株式投資を行なう場合には、日本の取引所に上場されている約4000銘柄の中から銘柄を選ぶ必要があります。
日経225先物取引は日本を代表する225銘柄で構成された株価指数を対象としていますので、銘柄を選ぶ作業が必要ありません

◆少ない資金で取引できる
日経225先物取引は日経平均の1000倍の価格を取引することになります。(日経225miniの場合は100倍)
日経平均が1万円の場合は1000万円の取引を行なうことになりますが、費用が1000万円必要なわけではありません。
取引する証券会社に対し、証拠金を預け入れることで取引を行なうことができます。
証拠金は取引所が定める金額に各証券会社が独自で定める倍率を掛けたものとなりますが、概ね50万円前後で1枚(1単位)の取引を行なうことが出来ます。(miniの場合は1/10)

◆企業倒産リスクがない
株式投資の場合はその企業が倒産や上場廃止になった場合のリスクを考慮しておく必要がありますが、日経225先物取引は株価指数を対象としているため、企業倒産や上場廃止のリスクがありません。

◆売りからも取引できる
株式投資の場合、下落局面では「空売り」によって利益を得ることも可能ですが、「空売り」できる銘柄が限られており、一定水準を超えると「空売り禁止」となります。
日経225先物取引は、常に「売り」と「買い」どちらからでも取引を開始することが出来ますので、相場が上昇局面でも下落局面でも、どちらでも利益を得るチャンスがあります。