自動売買について学び、日経225先物のシステムトレードで
運用する個人投資家の為のサイト

225Labo

自動売買を学ぶ自動売買を学ぶ

自動売買にで行なうシステムトレード

システムトレードを理解する


自動売買では取引時間中もリアルタイムで常に価格データを取得しています。

このため、取引時間中の分足データを使い、現在値の推移によって利食いや損切りを行なうことが出来ます。

ストップロスやトレーリングストップの手法を使って手仕舞いをしたり、ドテン(反対売買)注文を売買ルールに組み込むことで、より自由度の高い売買ルールを使ったシステムトレードを行なうことが可能となります。

寄付き前に注文し大引けで手仕舞いする「寄り引け」のトレードを行なっている場合には、自動売買による利食いや損切りのルールを加えることで、損失を限定し利益を伸ばす「損小利大」のシステムトレードに変化させることも出来ます。